スターバックス会長 ハワード・シュルツがくれた夢

★ 夢を片手に

 僕が大好きなのがスターバックスコーヒー。皆さんご存知ですか?街にで見かける緑の円に人魚の絵セイレンが描いているマーク。それがスターバックスです。

 職場に向かう朝、僕は時々立ち寄ります。オフィスに行く前にちょっと立ち寄ることで、何だか異次元にきた雰囲気を味わえるんです。

 先日、友人からすっごく大きいスタバのマグカップをもらいました。そのマークには、いつもの緑ではない、ヘンテコな黒のマークがついています。不思議そうな僕に彼女は、「これシアトルのスタバ1号店のマグカップなんです。hiroさんスタバ好きでしょ、喜ぶと思って・・・。妹に頼んで買ってきてもらったんです♪」。僕は、そのマグカップを眺めながら、ある光景が浮かんできました。

 このマークがあった1号店に安定した職を捨て、入社したのがいまの会長ハワード・シュルツ。彼は、小さなコーヒー豆売り店に夢を託しました。次々と自分の夢を形にする彼の物語を読み、いつしか「彼のようになりたい、彼のように生きたい」と思うようになりました。そんな想いを胸に、日々スタバに通っていたのです。

 少し長くなりますが、彼の物語をお話しします。おつきあいくださいね。(参考:スターバックス成功物語 日経BP社より)
:::::::::::::::::::::::::::::::
 
シュルツは、27歳のときスウェーデンのインテリア会社のニューヨーク支店長でした。お抱えの運転手付きで年収は1千万。悠々自適の生活でした。ところが、わざわざ手で入れるコーヒー・メーカーを大量に注文してきた田舎の小さなの会社に興味を持ち、訪ねることになります。そこで運命の出逢いが・・・。
 

当時のアメリカではコーヒーと言えばインスタント。ところがその会社が飲ませてくれたコーヒーには、いままで味わったことのないコクと香りがありました。それがシュルツの本当にやりたかったライフワーク、そうスターバックスとの出逢いだったのです!

その1年後、将来を約束されていた地位を投げ捨て、田舎にあったスタバに身を投じます。年収は400万と大幅に下がってしまいました。でも彼は大好きなことと出逢ったから朝から晩まで働いてもうれしくてしかたがありません。すべてが喜びだったのです。

その後、イタリアを旅行したとき、ふと立ち寄ったエスプレッソバーでおしゃれに団らんするイタリア人を見て、打ち震えるほどの衝撃を受けます。「一番大切なことを忘れていた!豆売りだけをやっていてはダメだ!ここではコーヒーは音楽なんだ!このおしゃれな空間、アレンジしたテイストをアメリカ中に提供するんだ!」と提案しますが、あまりに斬新なアイディアばかり提案するシュルツ。何と会社を辞めさせられるのです!何という波乱万丈な物語!

彼のいいところは、決してそのとき辞めさせた人たちを恨まないこと。そのアイディアをまったく別のコーヒー店、イル・ジョルナーレを立ち上げて成功してしまうのです。そして結局、本家スタバからの要請で合併することになり、彼は会長になり飛躍的に会社を大きくして行きます。

 泣かせるところは、父がリストラばかりに遭い、不遇な生活を強いられた幼い頃の環境が、彼のスタッフを安易に切らないことをポリシーにしているところです。そして社員を最も大切にするというアメリカ企業には珍しい文化を築き、大成功して行くのです。彼は、初めてシカゴに進出しようとしたとき、5年後の映像が観えていました。ここにいる人たちがスターバックスのマグカップを手にしている光景を。そう彼は夢を片手に、すでに持っていたのです。

 あなたの夢は何ですか?小さなことでも観てみましょう・・・
[PR]
# by naturecom | 2005-09-09 07:02 | 夢を片手に~スタバ会長の夢

グっと、よくなる!小冊子のご紹介

~人生はグっと、よくなる!ときがある~
Life will be better no matter how
                           ver.1.3
hiro
グっと、よくなる!人生の智恵、気づきを得たら、出て見よう♪
 
 こんにちは♪僕がグっと、よくなる!人生の智恵をお伝えしているhiroと申します。
今日は、長い間グツグツ煮込んだ智恵のスープをお届けいたします。

 では、初めにこの本を作ったきっかけからお話ししましょう。実はこの本、
ずいぶん前から書きたいと思っていたんです。でも、何度も書いてはボツにしてました。
なぜならどうしても気に食わなかったから・・・。
すると、見かねた友人が語りかけてきました。

「オーストラリアワインのおいしさを趣味じゃなく、本気で伝えたい!って思えたのは、
『それ、イケるよ!絶対やるべきだ!』って押してくれたからなんだよ!
hiroには人を動かす力がある。自信を持って想いをぶつけて欲しい」

ちょうどその頃、グっと、よくなるセミナーが成功に終わったと喜びもつかのま、
上司にケチョンケチョンに言われ、「もう自分はダメだ。ここにはいられない・・・」と、
ボロボロな自分で涙を流した後でした。

「そうか、彼が本当にやりたかったことを目覚めさせることができたんだな。よーし、
いっちょ書いてみよう!」。それからです!もりもりアイディアが湧いてきたのは。
それがいまあなたが手にしているこの本なんです。

 この本は、僕が人生をグッと、よくした智恵の数々を入れています。
実際に生かせた経験から書いていますので、何かヒントになることと思います。
皆さんは、好きなところからお読みいただいてくださいね。では、始まり始まりぃ・・・
                        


<もくじ>

● グっと、よくなる!スープ(エッセイ集)
★ 悩みのそばに好きがある
★ 夢を片手に
★ ときにはワガママなっていい
★ ふだん着の自由人
★ マイナス思考で結果出す
★ 想いを語れば、道は拓ける
★ はじめの一歩がむずかしい
★ グっと、こらえる
★ アクが出てくりゃ、運がつく
★ 元気の泉の湧かせ方
★ ライフワークはオーダーメイド

○ グっと、よくなる!ディナー(ものがたり集)
☆ 両親は道しるべ
☆ 不思議な朝の光景
☆ 人生を変えたメンターとの出遭い
☆ ダメだと思って結果出た!
☆ お見合いパーティ武者修行
☆ ユダヤ人ホストファミリーのジミー
☆ ふつうの人が小石につまづく3つの理由

○ グっと、よくなる!ランチ(エンターテイメント篇)
☆ ライフワークことはじめ~幸せな小銭持ち~健作登場
☆ インド人華麗屋の息子
☆ 幸せな大銭持ち~本田健造いよいよ登場!(予告編)
 
<おわりに>
☆ グっと、よくなるステキなワーク
[PR]
# by naturecom | 2005-09-09 06:49 | グっと、よくなる!