苦しいときの道しるべ

★ グっと、こらえる

 立場上どうしてもそこにいないといけないことってありますよね。ホントは座りたくなかった中間管理職ポスト、二代目社長、毎日子育てに追われる主婦、校則で縛られる学生、人それぞれですね。

 夜の2時、3時と時計が回り、ポツンと一人取り残されたあの日。いくらやっても仕事が片づかず、どんどん追い込まれて行きました。誰も助けてはくれず、当たり前のようにみんなは接してきました。「こうやって自滅してくんだな」という想いがあふれてきました。

 でも「あのとき安易に辞めなくて良かった」って思います。同僚に弱音を吐き、飲んではウサ晴らしもしました。メンターに教えを請い、何とか切り抜けてきました。その経験がいまネタとなって生きてます。

 でもね、誰でも真似してくださいとは言いませんよ。やっぱしムリし過ぎちゃ自滅しますから・・・。誰にも相談せず、悩みも吐かず、表面的にいい人を装っていてもいつかは破綻します。そうなる前に、話を聞いてくれる利害関係のない友人・知人に語りましょう。ずいぶん救われるハズですよ。

 僕もそういう問題の渦中にいた時、悩みをわかち合うことで同じような経験をした人から多くの励ましや応援を受けました。また、いままで遠く感じてたという人からも身近に感じたということばをもらうようになり、必ずしも悪いことばかりじゃないなぁと思えるようになりました。絶体絶命と思うピンチこそグっと成長する時なんですね。
[PR]
by naturecom | 2005-09-09 07:12 | 幸せな会社員という生き方
<< どこにも書いていない秘密の方法 何をやるにしてもはじめの一歩が... >>